音楽と全人教育研究所 店村 眞知子 Machiko Tanamura

職場のストレスチェック対策

働く人の身体・心理・社会・実存について早期チェックができるストレス・メンタルヘルスチェックリスト「CHCW」を採用・取り扱っています。

ストレス・メンタルヘルスチェックシート:CHCW

2014年6月に労働安全衛生法の改正が行われ、2015年12月から50人以上の従業員が所属する事業場で「ストレスチェック」を実施することが義務化されました。 当研究所では、義務化されるストレスチェックの条件を満たしたストレス・メンタルヘルス研究所(著作権:株式会社TTC)の開発したCHCW(働く人のこころとからだの早期健康チェック)を採用・取り扱っております。

※この最新版CHCWは統計学的に検討され、その信頼性・妥当性が保証されています。
※医学的方法としての全人的医療のコンセプトから成り立っています。

このチェックリストでは、「からだ」「こころ」「仕事と周りの環境」「生きる意味」の4領域に、「仕事のストレス要因」「周囲のサポート」が補強された全42項目の質問からなり、早期チェックができるので、問題や病気になる前に従業員自身や組織内で健康状態を総合的に把握することが可能です。

CHCW公式サイト ※外部サイトを開きます

CHCWの特徴

 

*「津田彰※1,下光輝一※2,小田切優子※2,伏島あゆみ※1,田中芳幸※3, 岡村尚昌※4,山口英世※5.6,山本哲郎※6,Harald Mori ※7, Alexander Batthyany ※7, Amarendra N. Singh ※8.9,永田勝太郎※9.10:働く人のこころとからだの早期健康チェック(Comprehensive Health Check for Workers ,CHC)質問紙の新規開発」, Comprehensive Medicine全人的医療,  Vol.11 No.1(2012):2-27,※1久留米大学大学院心理学研究科、*2東京医科大学公衆衛生学講座・厚生労働省職場におけるメンタルヘルス対策検討委員会委員,※3京都橘大学健康科学部、※4久留米大学高次脳疾患研究所、※5帝京大学、※6(株)TTC研究センター、※7 Viktor Frankl Institute Vienna、※8Queen`s University、※9World Health Organizations、※10(財)国際全人医療研究所

まずはお気軽にお問い合わせください。