音楽と全人教育研究所 店村 眞知子 Machiko Tanamura

浜名湖弁天島にアトリエを構える異色の人形作家

 

瀬川明子と創作人形教室 第12回クレイメイト展と瀬川明子展。
クリエート浜松ギャラリー35にて 7月17日~22日
19日午後2時より、特別友情公演(舞踊家杉浦麻友美、ピアノ店村眞知子)を行いました。

浜名湖弁天島にアトリエを構える異色の人形作家、瀬川明子さん。浜松で私が出会ったアーティストの中でも独創的でスケールの大きさでは群を抜いています。そのお人形の世界が大好きなんです。

カレー処ヤサカさんにて演奏

 

カレー処ヤサカさん18周年記念イベント(宴)で演奏をしてきました。長年のヤサカさんファンたちが集い、ヤサカの生い立ちとこれまでのよもやま話に花が咲きました。

私も随分お世話になり、多くのコンサートを企画してくださったおかげで、私は音楽療法士として活動する道が開けました。

さて、音楽療法では私はよく演歌を用います。自分が演歌が好きなこともありますが、クラシックのショパンの後に演歌をいれたり、意外性とほっとした安堵感がクライエントの緊張を緩和することが出来ると考えています。

内科的疾患の背後にクライエント独自のストレスを抱えているような心身症の場合、40分の音楽療法の中でクラシックのカチッとした構築力だけで脳のリセットを奏功するのは難しいと考えています。日本人はやっぱり演歌でしょう!!

 

感謝と祈りを込めて

 

浜松市中区上島にある小倉ホールで、ピアノ(私、店村眞知子)とバレエ(杉浦麻友美先生)の共演です。ここは区画整理事業のため今月末に取り壊しが決定しています。これまでの感謝とこれからの祈りを込めて、精一杯させていただきました。

 

自由空間 小倉ホール

まだ開演前ですが、ピアノ、歌、バレエが集います。O mio babbino caro~私のお父さん~

オペラ座の怪人にのせて

ショパンのワルツにのせて

天候にも素敵なご縁にも恵まれました。

繋がっているんですね

 

音と色彩感覚は繋がっているんですね。一音一音に色を感じてみてください。

音楽から離れていても取り戻し方があり、いろいろ教えてもらうとまた魅力的な“ピアノ弾けるじゃん”に戻れます。あなたがピアノにかけた愛情を大切にしてみませんか?

講演会・音楽療法・レッスンのご依頼は音楽と全人教育研究所 タナムラまで

電話・ファックス:053-439-3820

メール:contact@macikina-music.com

遠江総合高等学校にて講演会

 

遠江総合高等学校のライフデザイン系列の1年生学生30人に対して行った今回の講演内容は、人生のこの時期だからマッチングしたと実感しました。

自分のものでありながら自分の心と体を制御できないときのコントロール法として、三種の神器として「音楽と、体のトレーニングと、食事」の奥義を伝えました。大学の講義でも音楽が入ると、素直に反応してくれましたが、今回も同様でした。

 

西尾先生(右)と。

聖隷クリストファー大学は保険医療福祉の基幹大学として地域と連携して歩んでいます

 

聖隷クリストファー大学が周辺地域の保険医療福祉分野を対象に、1年間積極的に研究を実施してきた事業の報告を行いました。

事業報告の間に、ピアノの演奏が行われました。

昨今レディ・ガガが線維筋痛症であることを、告示しました。

私は線維筋痛症を対象とした音楽療法の専門家なので、ピアノコンサートのプログラムは、繊維筋痛症の対象者に治療として実際に行っている曲を選択して演奏いたしました。

やはり緊張を解いてゆく効果を考えて綿密に曲が配置されるのが特徴です。

https://www.seirei.ac.jp/index.php

音楽療法のピアノ演奏のご依頼も承っております。音楽と全人教育研究所 タナムラまで 電話053-439-3820

磨けば宝石

 

聖隷クリストファー大学卒業生で看護師の仕事をしているHさんが、久しぶりに研究所を訪ねてくれました。

合唱団できれいな声で歌ってくれていた人で、音楽が好きな人です。来年3月に結婚されるというおめでたいお話も持ってきてくれました。

お話を聞きますと、全人的医療や統合医療に興味をもって勉強されていて、今後も勉強を続けてゆきたいと抱負を話してくれました。

長い人生に於いて、常に目標を探し続ける人はめっけものです!

そこで私から、「セルフ・ブランディングするといいよ」と提案されて、それも具体案をいろいろ明示されて、目から鱗と…喜んで帰って行かれました。

こういう若い人でやる気の人を、放っておく手はありません。磨けば宝石です!

えほん文庫さんで「費用のかからない、米ぬか美容講演会」を開催いたしました

 

米ぬか美容のお話は大変反響がありました。楽にできる基礎化粧法を知って、あとはご自分でお好きな化粧品をお使いくださいと提案しました。

食事も生き方にしても、基本をどうするかということを自分できめておくと、病気になることを比較的回避できるので、私は人生を無駄なく進んでゆけるのではと思います。