音楽と全人教育研究所 店村 眞知子 Machiko Tanamura

7/22〔ご案内〕第23回日本実存療法学会および第5回国際全人医療学会

 

これまで人類が体験したことのない長寿の時代に、一人一人が、これから健康創生についての意識改革を必要としています。

全人的医療の核となる概念は、人間の実存性においているところが特徴です。これは「今、ここに」生きている人間の実存性への畏敬であり、ビクトール・フランクル博士(Frankl.V.E 1905-1997)による哲学であり実践であります。

医療職ないし医学に関心を持つ多くの方々のご参加をお待ちしております。

 

第23回日本実存療法学会および第5回国際全人医療学会

テーマ:post-iPS医療時代の医学・医療

7/22(土)10:00~17:30

東邦大学医療センター大橋病院 臨床講堂

東京都目黒区大橋2-17-6

 

 

(画像クリックで拡大します)

 

コメントは受け付けていません。