音楽と全人教育研究所 店村 眞知子 Machiko Tanamura

〔ご報告〕「痛み」患者さんのための音楽・食事療法勉強会

 

第一回 6月17日(土) 11:00より14:00まで

(公財)国際全人医療研究所/千代田国際クリニック 共催

慢性疼痛の線維筋痛症の患者さんのための音楽・食事療法 勉強会が行われました。

永田勝太郎先生は、痛みの背景には慢性的な緊張はもとより、特に生活習慣(特に食事)の乱れがあるだろうと考えられたので、管理栄養士の大木和子先生(杉山女学院大学教授)と音楽療法士の私にお声をかけてくださり、この企画が実現いたしました。

永田先生は繊維筋痛症の患者さんの乳酸値に着目なさって、勉強会の開始と終了後の乳酸値を測定しました。

やっぱり乳酸値が上昇していました。栄養あるあたたかい食事と音楽療法は、効果を発揮していたことが確認できました。

 

コメントは受け付けていません。