音楽と全人教育研究所 店村 眞知子 Machiko Tanamura

〔ご報告〕国際実存療法士資格認定ワークショップ〔7〕

音楽で人の健康を創生する音楽療法って、どんなことをやっているの?

という疑問に、ピアノの演奏を交えてお話ししました。

実存療法士としての国際ライセンス取得を目指すかたがたに向けての講演でした。

音楽は、ギリシャ・ローマ時代から人間として持つべき教養の一つであり、学問的にも天文学と結びついて重要な位置を占めていました。

音楽を聴いたときに、とてつもなく世界が広げられる感じを受けるのは、そういった音楽の特性に根差しています。

私の実践している音楽療法は、カタルシスというこころの爆発、発散を取り入れています。クライエントは音楽療法中に嗚咽し、その後ストレスが減少してゆくようです。

 

コメントは受け付けていません。