音楽と全人教育研究所 店村 眞知子 Machiko Tanamura

春は肝臓に新芽を蓄えましょう

浜松市北区の都田川の土手で菜の花の新芽を摘みました。久しぶりに河原に来てみることができました。

かつては群生していた菜の花が、今日行きましたらすっかり自然の生態系が変わってしまっていました。人間が自然の隅々まで破壊して支配しようとする姿が近年は顕著のようです。

 

今、世界を見てみると、正しく思い通りにならないものを力づくで抑え込めようとする動向が見てとれます。小さな自然の中にもその反映が落とされています。

 

以前よりも少量になりましたが、かるく茹でて調理に使ったり冷凍保存しておきます。菜の花の玄米チャーハンは苦くて、かつて子供たちに食させたとき「にがーーーっ!(苦い)」と、嫌がっていました(笑)でも、口に苦いものは体によろしい。

コメントは受け付けていません。